見出し画像
■ スタジオ実践! 音響監督が教える声優ワークショップ「外画吹替収録スタジオ実習」

● リクエストに応えるスキルはありますか?

共に悩み、苦しみ、最善を尽くして、成長する ── その先に確かな信頼と未来、そして仕事が生まれ、見る人の心を動かす作品が生まれてゆく。
収録現場において、声優と音響監督の仕事は、常に二人三脚です。

習い事感覚で、楽しみながら通えるレッスン。仲間がいるから、何となく安心出来る。何かやっているような気分になれる。
そんな、現場からほど遠い場所でただ勉強して終わるだけのレッスンに意味はあるのでしょうか?

気づき、考え、演技に乗せる。音響監督や録音エンジニアからのフィードバックを受ける。
テストがあり、NG出しやディスカッションがあり、OKを貰えるまで、本番は終わらない。
しかし時間には制約があり、その中で、自分の持つ能力の全てをその作品に注げなければならない。何故ならOKが出れば、それがどんなに自分では納得出来ない芝居であっても、作品になり人の目にふれ、評価されてしまうのだから。
そこに、プロの現場を包む緊張感があります。

その現場を経験していただくためのワークショップを、2019年より開催しています。

教える側も教わる側も、目的は一緒。
努力で培われた才能と技術、社会性。それらに裏付けされたプロ意識を持つ若手を、第一線に輩出することです。
音響監督と声優、お互いの信頼関係なくして良い作品は生まれません。
真摯な姿勢がなければ、リクエストに応えるだけのスキルがなければ、信頼関係を培うことも出来ません。



● ただ仕事を待っているだけではありませんか?

下記にひとつでも心当たりのある方は、学び直す必要があります。


  1. ノイズを立てない台本の持ち方、ページのめくり方に不安がある。
  2. 高さの違うマイクの正確な選び方、立ち方、距離の取り方が今ひとつわからない。
  3. マイクの本数より役者の人数が多い収録において、マイクへの出入りに不安がある。
  4. 片耳ヘッドフォンの扱い方や、適切な音量設定がよくわからない。
  5. タイムの正確な取り方に不安がある。
  6. スタッフと、また役者同士と気持ち良く仕事をするための、正しいスタジオマナーを知らない。
  7. アニメと外画のアプローチの違いを知らない。
  8. 本線と別線の違いが分からない。
  9. 「息芝居」の経験がない。
  10. 「役の人生を生きる者」の実際が分からない。
  11. 早上がりをよく指摘されるが、何度トライしても上手くいかない。
  12. 演技に癖があると言われたことがある。
  13. オーディションに受からない。
  14. そもそもオーディションが回ってこない。
  15. 仕事をもらっても 1 回で終わってしまい、リピートで呼ばれない。
  16. モブでなく、名前のあるサブキャスト以上を勝ち取れない。
  17. 声優を続けるかどうか迷っている。

これら全ての課題への解答を、我々は準備しています。
自分の情報 ── 技量や弱点、得手・不得手 ── を正確に収集、客観的に分析し、自身の課題を徹底的に洗い出しましょう。
このワークショップで体得し、実践していくことで、あなたの確かな未来を手に入れてください。

そのための、最大限の助力を我々は惜しみません。
まず、ここから現場が始まるのです。



● 全日程、プロ専用スタジオで実践! 収録から視聴、そして次のステップへ

全日程において、都内最新設備の録音スタジオで、外画吹替収録の現場を実際に体験していただきます!
多くの作品を生みだしているシステムを毎回用いて、モニターヘッドホンの取扱いやマイクワーク、タイムチェック、収録の流れやスタジオマナーなど、声優実技に特化したレッスンを 120 分×全 6 回行います。

専門学校や声優養成所に 2 年以上通われた経験のある新人声優が対象です。

コース内では、長尺の外画 1 本をまるごと実習します。
マイクワークや収録への臨み方、演技や技術などを一人ひとりに指導していくことで、その方に不足しているスキルを洗い出し、磨きます。

また、専任の技術スタッフが収録・編集した音声を、動画に合わせて後日視聴していただきます。
自分の演技やマイクワークの結果を客観的に確認・復習することで、各自に新しい課題や目標が見つかっていくことと思います。ぜひ、次のステップへの足がかりとしてください。



● 受講生の中からメインキャスト選出

 当ワークショップは、吹替版キャストオーディションを兼ねています。
 受講生の中で特に優秀と認められた方には、弊社配給の吹替作品にメインキャストとしてご出演いただきます。
 ◆映画配給ページはこちら→ https://www.cosmicray.co.jp/f-distr/
 ◆日本語吹替版 キャストインタビューページ
    »「CRSHD クラッシュ」インタビュー
    »「Harajuku 原宿」インタビュー
    »「マイファミリー おばあちゃんとオオカミのいた夏」インタビュー
    »「線上のフェア・プレイ」インタビュー
    »「ランド・オブ・セイント 聖人の邦」インタビュー
 
★★ 第 1 回~第 5 回配給作品 好評配信中! ★★
    »「CRSHD クラッシュ」
    »「Harajuku 原宿」
    »「マイファミリー おばあちゃんとオオカミのいた夏」
    »「線上のフェア・プレイ」
    »「ランド・オブ・セイント 聖人の邦」

配信プラットフォーム
Amazon Prime Video / hulu / U-NEXT / GooglePlay / YouTube(有料) / RakutenTV / ビデオマーケット / ビデックス / ひかりTV / DMMTV  他


★★ 2024.07<土曜コース>・2024.05<土曜コース> 取扱作品 ★★
「THE MAN WHO WILL COME」( 2009 年イタリア映画・120 分)https://youtu.be/ou88SKGW0J4(トレーラー/英語字幕)
 第二次世界大戦末期──連合軍とナチスドイツおよびファシスト党によって南北に分断されたイタリア。1944 年 9 月に北部の山村で起きたナチス親衛隊による
 「マルツァボットの虐殺」を、8 歳の少女の目を通して描く真実の物語。
 イタリア・アカデミー賞 16 部門ノミネート、主要 3 部門受賞、各国映画祭 29 部門受賞作品。
 ※男性はキャラクターによってはドイツ語に挑戦していただきます。
 吹替版オーディションを兼ねた全 6 チームの最終募集です。選抜メンバーで今秋に収録を行い、冬に公開する予定です。



● 開催コース名 2024.07<土曜コース>1部・2部


● 講師 折田 哲郎(音響ディレクター/株式会社コズミックレイ 代表取締役)

● 主催 株式会社コズミックレイ


● 受講対象者
・新人または Jr.ランクまでの声優 (20 歳以上)
※ 事務所所属、準所属、預かり、フリー不問です。


● 開催スケジュールについて

※ 2024.07<土曜コース>1部は定員となりました。


※ 2024.07<土曜コース>2部は定員となりました。


次回開催日程は現在調整中です。決定次第、掲載いたします。


※ 感染症防止対策を引き続き行っています。参加者全員のマスク着用、検温、収録ブースの定員など、諸般にわたり制限がございますのでご注意下さい。


● 開催場所
 スタジオインスパイア


● 定員 13 名


● 受講料
<キャッシュレス決済の場合>
 1 回( 2 時間 )税込 5,390 円 × 回
<現金の場合>
 1 回( 2 時間 )税込 5,500 円 × 回
※ 申込金及び教材費は不要です。
※ 参加日に都度お支払いいただきます。キャッシュレス決済は PayPay 又は LINE Pay が使用可能です。


● 申込方法
本ページ内に受講申込みフォームを設置しますので、必要事項を明記してお申し込みください。
先着順に審査し、ご記入いただいたメールアドレス(キャリアメールは不可)に連絡します。その後、参加の可否を連絡いたします。
※ 演技力のチェックおよび配役のために、ボイスサンプルの提出をお願いします。


● 募集締切 定員に達し次第締め切らせていただきます。


■ メールでのお問い合わせも可能です

当ワークショップに興味を持ってくださった方や、質問がある方は、どうぞメールにてお問い合わせください。後ほど、担当者より連絡させていただきます。
※ キャリアメールでのお問い合わせは、返信メール不着などのトラブルが多発しておりますのでお避けください。


メールでのお問い合わせ先はこちら→ E-Mail

次回開催および受講生募集につきましては決まり次第掲載いたします。暫しお待ちください。


■ 受講申込みフォーム

2024.07<土曜コース>1部・2024.07<土曜コース>2部は定員に達したため、募集を終了しました。お申込みありがとうございました。